いまさら聞けない WordPress とは

目次

  1. 皆さんWordpressをご存知でしょうか?
  2. そもそもWordpressとは何か
  3. 人気な理由(メリット)
  4. WordPressのデメリット
  5. WordPressでサイト運営する上で必要なもの
  6. WordPressを簡単に立ち上げる講座紹介

皆さんWordpressをご存知でしょうか?

最近ではホームページの制作をするときにも、Wordpressを使う場面が多くなってきていますので、”Wordpress”という言葉を聞いたことある方も多いのではないでしょうか?
しかし、そもそもWordpressとは何か?と質問されたら、良く分からないという方もいらっしゃると思います。
この記事では、そもそもWordpressとはどんなものであって、どんなメリット・デメリットがあるのかを解説していきたいと思います。

 

そもそもWordpressとは何か

そもそもWordpressとは何か?Wordpressとは、いわゆるコンテンツマネジメントシステム(CMS)というものです。
簡単にいうと、「ホームページの制作ができない人でも、簡単にコンテンツを管理できる仕組ということです。

通常、ホームページに新たに記事を追加しようとすると、HTMLという言語を勉強して、記事の文章を書かなくてはなりません。

しかしそれが、Wordpressの場合は、HTMLのコードがわからなくても、MicrosoftのWordに文章を書いたり写真を挿入したりする感覚で、記事やニュースを更新していくことができます。

ちなみに、この記事を作成している私もHTMLのコードは分かりません(笑)。

Wordpessが人気な理由(メリット)

①.プログラミングができなくてもWebサイトが作れる

特別な機能を持たせる開発をするような場合を除き、情報発信ができるようなメディア立ち上げをする場合にはWordpressそのものの操作に慣れるだけで作ることができます。

通常自分でゼロから作成しようとすると「HTML」や「CSS」、そしてもう少し華やかさや簡単な機能を加えるには、「JavaScript」や「PHP」等も知っておくと有利になりますが、Wordpressを使えば全くこれらの知識がなくとも作ることが可能です。

 

②.無料で誰でも利用できる

WordPressは無料で誰でもこれらのシステムを使えるため、未経験者にも敷居が下がり使用者の増加に繋がっています。ドメインの取得やレンタルサーバーなどの契約するだけで、Wordpressを開設し、ご自身のHPを持つことができます。

 

③.Webサイトの構築が簡単

もし自分でWordpressのサイトを立ち上げたいと思った時でも、各サーバー会社が予め”かんたんインストール”という設定をしてくれている場合がほとんどです。

WordPressはデータベースという、記事のデータが入った箱から、ページの読み込みごとにそのデータを読みこんでいるのですが、これらデータベースの設定も自動でサーバー会社が行ってくれます。

 

④.プラグインで、拡張性がお手軽

通常、HPにお問い合わせフォームを設置する際は、HTMLであればCGIやPHPというものを勉強する必要がありますが、Wordpressの場合はそれが不要です。

プラグイン(=スマートフォンでいうアプリのようなもの)という便利な拡張機能が無料で、豊富に用意されているので、そのプラグインを”インストールする”ボタンを押すだけで実装できてしまいます。

 

WordPressのデメリット

①.HTMLのサイトより表示スピードが遅い

HTMLは、ページごとにコードを書いたファイルをサーバーに置いてあるだけなので、ページの表示スピードが早いです。それに比べてWordpressは、ページの表示ごとにデータベースから、ページを構成するパーツをその都度呼び出してページを構築するため、HTMLに比べると表示スピードに時間が掛かってしまいます。

②.セキュリティの心配

WordPressはPHPというプログラミング言語でできている関係上、不正な操作や攻撃を受けやすいというデメリットがあります。例えばログイン画面に、IDとパスワードをランダムに超高速に試されることで、不正ログインされてしまう可能性もあります。
そのため、Wordpressのバージョンは常に最新にしておく必要があります。
この点は、Windows(ウィンドウズ)などのパソコンと同じです。常にバージョンは最新のものを利用しましょう。

WordPressでサイト運営する上で必要なもの

独自ドメイン

自分のサイトを公開するには、ドメインというものを取得する必要があります。
有名なところで言うと「お名前.com」「ムームードメイン」などがあります。

レンタルサーバー

誰がアクセスしてもサイトを公開させるためにはサーバーが必要です。
サーバーを自作する人もいますが、基本的にはレンタルサーバーを月額1000円程度で利用します。「ロリポップ」や「さくらのレンタルサーバー」は初心者の方にも人気です。

Webサイトのデザインテンプレート

サイトの見た目を整形するデザインを用意する必要があります。
無料で利用できるおしゃれなテーマもあれば、有料のテーマもあります。

WordPressを簡単に立ち上げる講座紹介

millennium mapでは、初心者の方でも、簡単にWordpressを立ち上げられる講座を開設しております。
ご気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

コメントを残す

前の記事

ホームページ制作の相場